通電火災を阪神淡路大震災の経験から考える

大きな揺れで停電しました!ブレーカーを落とす余裕はありません

阪神淡路大震災写真

 

1995年1月17日、私は西宮市の震度7の激震地のマンションの1階で、震災を経験しました。

 

大きな揺れの後、上から下にたたきつけられるような縦揺れがしばらく続き、
今まで聞いたことがないような轟きを聞きました。

 

後からわかったことですが、それは様々な物が崩壊する音でした。

 

 

ほとんど物を置いていない和室で、家族4人全員横になって寝ていましたので、
まだ乳児だった子どもを含め、倒れてきたものでケガをするようなことは無かったです。

 

しかし物が置いてあった所は、メチャメチャな破壊でした。

阪神淡路大震災室内散乱状態

物は落ちるというより、振るという感じて、重いテレビでさえ、距離を離れて落ちていました。

 

物が落ち散乱した上、書棚のガラスまで割れて、鋭くとがって落下物をさらに危険な状態にしていました。

 

とても素足で歩ける状況ではなく、部屋の中を歩くのに、スリッパか靴が必要でした。

 

 

冷蔵庫の中身も全部出てしまい、卵まで割れて床に散乱していました。
お茶の入ったヤカンも物の上に落ちて、水浸しの部分もありました。

 

午前5時46分、まだ日が出ていない真っ暗な状況でしたので、懐中電灯をまず手にしました。

 

そしてラジオをつけてみると、「神戸あたりで強い地震があったようです。しかし物が少し落ちた程度で、大きな被害は無い模様…」と現状とはかけ離れたニュースが流れていました。

 

真っ暗な中で「我が家だけ、こんなひどいことになったの?」と驚いたものです。

 

外では、毛布を頭からかむった人が歩いていたり、車のライトが見えましたが、倒壊物で先に進めないようで、そういう状況からも深刻さを理解できました。

 

 

日が昇って明るくなって、窓から外を見てみると、今まで二階建てだった家が一階の高さに崩れていたり
被害の深刻さがさらにわかってきました。

 

近くに住む知り合いから、安否を心配した電話があって、広範囲に地震の被害であることを知りました。

 

午前中に一時的に電気が開通した時に、テレビ画面を通して、高速道路が倒壊していたり、かつてなかった大震災であったことを知りました。

 

神戸市の繁華街に近い所に叔父と二人の叔母が木造の古い家屋に住んでいましたが、三人ともつぶれた家屋の下敷きになって、震災当日の午前中に救出されたことを知りました。幸いその周辺で火事は起きていませんでした。救助してくれたのは、近所の方で、叔父は助け出されると、そのまま他のがれきの下敷きになっている人の救助に行ったそうです。
広範囲に渡って被災しているので、消防とか警察とかの助けなど全くなく、近所の者同士で助け合いました。

 

このような建物が壊れた中から、命からがら助け出された状態で、電気のブレーカーを落とすことに思いはいきません。
叔父は自分が助け出されたこそ、同じように建物の下敷きになっている人を助け出したいと、また助け出された叔母たちは、同じような人たちと励ましあい、怪我をした人を介抱したり、自分のことに思いを馳せれる状況ではありませんでした。

 

マンションだったため、倒壊を免れた我が家では、電気が復旧したり、また停電したりを繰り返していました。

 

地震の後の午前中、まだ被害の大きさがそんなに報道されていない頃は、電話は繋がりやすかったです。午後になると不通状態になり、その後何日も続きました。かろうじて被災地側からの電話の方が、被災地の外からよりは、繋がりやすかったです。
その頃は携帯電話もまたメールなども全く普及していなかったので、電話が唯一の情報手段でした。
倒壊してしまった家や甚大な被害があった所では、電気さえ通じていないので、電話も使うことができなかったようです。

 

戦後の時のように、「メモ書き」が電柱や看板などに貼りつけてありました。

 

私の知人で震災時建物の下敷きになり、周りで何とか助け出そうとしたものの、何かに引っかかっていて助け出すことができず、困り果てていたところに、火事が襲ってきて、お亡くなりになった方がいらっしゃいます。震災後しばらく経過してからの火事だったので、その火事は通電火災の可能性が高いそうです。
まだ命があるのに、助け出せなくて、命を奪われるほど、むごいことはありません。

 

大きな揺れが起きたら、ブレーカーが落ちる、簡単な備えで、このむごい火災を防ぐことができるなら、それは本当に必要とされている防災です。

 



 

【スイッチ断ボール3】公式サイトへ